エッチな0230でノンケがフェラチオの後乱交セックス無修正動画その3

どっちが気持ちいいとかオチンチンの大きさがとか、体の相性が・・とかそういうことでなくて、単純に『プラチナさんならこうする』とか『プラチナさんはこういうことを言いながら舐める』とか思いながら◯◯くんとセックスしてたんです。エッチな0230自身、そんなことを思いながら抱かれることは◯◯くんに対して良い気持ちではありませんでした。でも体だけは◯◯くんとのアナルセックスでも感じていました。『・・心が裏切ってるんだ』って思いました。だから、エッチな0230は余計に◯◯くんとのオマンコでのセックスを避けていたんです。◯◯くんとのオマンコでプラチナさんのことを思い出すのは◯◯くんに悪いから・・自分で言い訳をしながらアナルセックスでした。そして、◯◯くんとオマンコでのセックスが減れば、エッチな0230のオマンコは余計にプラチナさんのオチンチンを求めました。他の人の精液をゴックンして熱く火照ったエッチな0230のオマンコに、あの太くて固いオチンチンを打ち込まれるのを望んでしまっていました。
『お使いプレイ』以外の時、エッチな0230はRさんが連れてくる男の人たちと必ず生でセックスしていました。一言で言えば輪姦です。Rさんが連れてくる人は2人だったり4人だったりしましたが、エッチな0230はその人たちを口奉仕していると毎回オマンコが生のオチンチンを欲してしまったんです。自分でもどうしようもないくらい淫乱でした。フェラチオさせられるとエッチな0230がエッチな0230でなくなって、ゴムをつけることをしたくないんです。ほとんど意識せずに生でセックスを繰り返しました。そういう輪姦が3回目の時、エッチな0230はオマンコから出血していることに気付きました。次の日、病院に行ったらやはり膣内が傷んでいる、と言われました。それでもエッチな0230はエッチなことをやめらなかったんです。病院に行った帰り、エッチな0230は自分からRさんに電話しました。そして、夕方Rさんと待ち合わせて、車の中でRさんをフェラ抜きしていたんです。Rさんもさすがに傷ついたオマンコに挿入することはしませんでしたが、エッチな0230は出血してもいいからオマンコに入れて欲しかったんです。でもRさんが出来ないって言うから、口で奉仕させてもらってゴックンしました。飢えが止まらない感じでした。『・・セックス中毒なのかな・・』エッチな0230の頭の中はセックスとRさんのことでいっぱいになっていた時期でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です