イケメンゲイの動画を配信しているゲイビデオズ(GAYVIDEOS) その2

だから、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)がこの部屋を出たのも遅くて帰宅も遅くなったんです。Rさんの車から降りたゲイビデオズ(GAYVIDEOS)はフラフラした頭とヒリヒリするオマンコを引きずるように家の玄関を開けました。◯◯くんはすでに寝ていました。『なんて言い訳しよう・・』と思いましたが、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)はとりあえずシャワーを浴びてすぐにベッドに入りました。隣で寝ている◯◯くんが起きてきたらその時考えよう・・って思っているうちに寝てしまっていました。ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)は、◯◯くんに言えない夜をまた一つ増やしてしまいました。
◯◯くんとの生活はほとんど変わりませんでした。お店が休店して夜を一緒に過ごすことが多くなったくらいでした。入会さんが時間のある時、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)は入会さんのオモチャでした。そして、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)は入会さんの・・もしかしたら入会さんでなくても良かったのかもしれませんが・・オモチャみたいにいろいろさせられることを望んでいたんです。「尚美、俺さ、このAV見たいからさ、買ってきてよ」とメモを渡されます。そこには何本かのAVのタイトルが書かれていました。『M奴隷妻』とか『人妻露出調教』とか『3穴熟女』とか『ぶっかけ30連発』『熟女中出し調教』とかそんなマニアものばっかりでした。そして入会さんはゲイビデオズ(GAYVIDEOS)をAVが売ってるアダルトショップに連れて行き、「車で待ってるから、買ってこいよ」とゲイビデオズ(GAYVIDEOS)に一人で買いに行かせるのです。これは今まで感じたことのない興奮がありました。自分で目的もなくショップをふらふらするのとは違って、棚にたくさん並んでいるAVを一つ一つしっかり見なければいけないのでお店にいる時間も長くなるし、そうすれば店内のお客さんとすれ違うことも多くなります。お店の中には「すいません、女性の方はご遠慮いただいてるんですよ」とやんわりと入店を断られることもありました。そういう時こそ、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)は興奮するんです。「あ、・・すいません・・どうしても買わないといけないんです・・ご迷惑はおかけしないので・・どうかお願いします。」ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)はペコペコ頭を下げてお願いするんです。一人でアダルトショップに入店させてくださいってお願いする30過ぎの女・・すごい惨めだけど、それがすごくイヤらしい女みたいで、ゲイビデオズ(GAYVIDEOS)はお願いしながらオマンコが濡れていることに気付くんです。店内に入っても本当にたくさんのAVの中から指定されたものを探すのが大変でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です