陰間茶屋のゲイのセックス投稿、流出無修正動画

陰間茶屋は陰間茶屋のイキ顏を見たがる人たちの目から自分の目線を離せませんでした。「今度は、こっちのやつの顔見ながらイケ!」「ああっ!!いくっ!!いぐぅ!!!だめっ!!!いぐぅぅ!」陰間茶屋の目線の先にある目に釘付けになりながらイキました。「あはは!!いい顔してるよ!オネーサン!」「口、開け!!」「んはあっ!!」陰間茶屋の口の中に唾が吐かれ、その唾を指で口の中に押し込められました。「あうあうぅつ!・・うぅぅ・・いぐふぅ!!」鼻の穴に指を入れられました。「あはは!鼻の穴を指で犯されながらイケよ!あははっ!!」「ふっ・・・ふぐぅ・・」「あはは!!フグフグいってんよ(笑)豚か、おいっ!(笑)」「ふぐぅ・・あふぐぅ・・いぐぅふつ!!!」「あはは!!豚がイキやがったよ(笑)」「おい、エッチな4610、お前、リアルなドMだな!罵倒されるとマンコ締まるぜ!!」誰かが陰間茶屋の顔を踏みつけました。ベタっとした足の裏を頬に感じました。「あふぅつ・・・んぐぅ・・はうぁん!!いくぐっ・・」「足の指、しゃぶるか?(笑)」「んふぅ・・ふぐぅつ・・」口の中に足の指が入ってきました。太くて短くてゴツゴツして塩っぱい足の指を口に突っ込まれ、陰間茶屋はそれをしゃぶりました。「お、エッチな4610、マンコがまた締まったぜ!もっと足しゃぶらせてやれよ!マンコ締まるからさっ!」頭が抑えられてさらに違う人の足指を咥えさせられました。乳首を足の指でつねられました。「んふぅつぅつ!!」「Rさん、俺、また勃起してきたよー(笑)」「あはは、お前、若いな(笑)」「俺もやばいよ、Rさん!」「エッチな4610、どうする?こいつらお前のイキ顏見て勃起してきたぜ?」陰間茶屋の顔を2本の勃起したオチンチン、さっき陰間茶屋が口抜きしたオチンチンがペチンペチンと叩いていました。「おい、お前ら、入れたい?」Rさんが二人に聞きました。「オネーサンが入れたい、っつーんなら入れてやってもいいな」「俺も、この女が生ハメしたい、っつーんだったら入れてやってもいいな」「だってよ、エッチな4610?聞こえたか?」陰間茶屋はこれを聞いて全身が震えました。「・・はぁ、はぁ・・ああんっう・・入れたいぃ・・生ハメしたいぃ・・」入れたかったんです。勢いもあったと思いますが、この時は本当に入れたかったんです。オチンチンをオマンコで感じたかったんです。「エッチな4610、なんだよ!俺じゃなくてもいいんかよ(笑)」Rさんが言いました。「ああ・・入れたいれす・・入れ・・ああんっ!だめっ!いくぅっ!!」「またイキやがったよ(笑)じゃあ、交代するか」Rさんはそう言うとオマンコからオチンチンを引き抜きました。「あんぅう・・」ヌルッと太いオチンチンが抜かれて、オマンコにぽっかり空間が開いた気がしました。「じゃあ、まずは俺からね・・ほら、オネーサン、お願いするの忘れてるよ」一人の人が陰間茶屋の足を左右にグッと押さえつけてオマンコの前に座り、亀頭を擦り付けてきました。「うわぁ、すげー濡れてる・・グッチョグッチョじゃん・・マンコ、開き切ってるよ(笑)」陰間茶屋はオマンコにオチンチンが当たってるのをはっきりと感じていました。「はぁ、はぁ・・入れてぇ・・そのまま・・オチンチン、入れてください・・いぃっ!いいっ!入ったぁ!!!ひっ・・あんあぅつう!!!」ぐいっと腰が押し付けられると、ニュルゥッと膣の中にオチンチンがめり込む感覚がありました。「ひあうぅ!!」さっきのRさんほどの大きさも長さもないですが、やっぱり生のオチンチンは気持ちいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です