陰間茶屋のゲイのセックス投稿、流出無修正動画その2

陰間茶屋のオマンコは生のオチンチンの味を知ってしまっているんです。「はうあうぅ!いくっぅ・・」「あはは、入れただけでイクんじゃねーよ!!ほら、口はこっちを味わっとけ!!」「んぐぅぅ・・」いつの間にか陰間茶屋の開いた口にオチンチンが押し込められました。四つん這いにされてお尻を持ち上げられて後ろから生ハメ・・立たされて後ろからの生入れ・・陰間茶屋が前に立つ人にすがりつくようにしながら立ちバック・・前に立つ人と何度もキス・・頭を押さえつけられて立ちバックのままフェラ・・「ほら!交換だ!」体を入れ替えさせられてさっきまで陰間茶屋の前に立っていた人が今度は立ちバック・・陰間茶屋のオマンコ汁でヌルヌルのオチンチンをイラマ・・膝がガクガクして立ちバックでイキました・・立っていられなくて前のめりに倒れてしまう陰間茶屋のお尻を誰かが踏んづけました・・次は顔を床に押し付けられて頭を踏まれました・・口で足の指をしゃぶらされました・・誰かがお尻を何度も何度も叩きました・・髪を引っ張られて顔を上げさせられてのイラマ・・足をめちゃくちゃ広げられて入ってるところが丸見えの生ハメ・・仰向けで胸を踏みつけられました・・乳房は平手で何度もビンタされました・・痛くて熱くて乳首がヒリヒリしました・・男の人が陰間茶屋の顔の上に和式便器を跨ぐようにしゃがみお尻の穴を舐めさせられました・・口を開かれて唾を吐かれ、指を突っ込まれて舌を引っ張られました・・鼻の穴に指を入れてほじられ、鼻の穴に唾を吐かれて吸い込むように言われました・・男の人の吐いた唾液でグチョグチョの陰間茶屋の顔をスマホで撮られました・・「次、俺ね」「早く代われよ!エッチな4610がまたイっちゃうだろ!」「俺にも早く入れさせろって!」「俺のチンコでイカすんだからさ、早く出せって!」・・代わる代わる入ってくる3人のオチンチン、何度も対位を変えてオマンコが空っぽの時間がないくらい常に誰かが生で入れていました・・2人が陰間茶屋の体を床に押さえつけて陰間茶屋の体を陵辱し続け・・壁に押し付けられて後ろから入れられ、Rさんは立ったまま正面から入れてくれて、駅弁もされたし、床の上を引きずられて振り回されて・・テーブルの上に仰向けにされて挿入されたまま頭を縁から落とされての逆さまイラマ・・ヒリヒリする乳房を無茶苦茶に揉まれて、乳首を噛まれて引っ張られて全身から汗を吹き出す陰間茶屋に唾をかけてニタニタする男の人たち・・ひどすぎる扱い、自分の彼女とか奥さんには絶対にしないような陵辱を受けました。これはセックス?これが女の扱い?暴力と罵倒が入り混じる混沌としたセックス・・そして、陰間茶屋はその全てに感じていたんです。乱暴に扱われれば扱われるほど、体が反応しました。乳首を噛まれてイキました。口に足の指を突っ込まれてオマンコが締まりました。顔を踏まれて膣がヒクヒクしました。「エッチな4610、お前の生マンコ、最高っ!」「オネーサン、マンコがしまってるよ!」「おぉ、生マンコ、ちょーいいわっ!」男の人たちの喜ぶ声、陰間茶屋のオマンコで気持ち良くなってくれる声に陰間茶屋は興奮しました。「うぅぅぅぅぅっう・・んぅ!」陰間茶屋はこの時、何度イッタかわかりませんでした。「エッチな4610、次のチンポ、ほしいか?」「あうあうぅ!!くださいぃ・・違うオチンチン・・くだあいぃ・・」欲しかったんです・・とにかくオチンチンをオマンコに入れてもらえるなら陰間茶屋は足指をしゃぶったし、唾もゴクゴク飲みました。「オネーサン、もう一度入れてほしい?」「はあふ・・入れてぇ・・このまま・・はうぅ・・入ってるぅ・・きもちぢいい・・このまま・・このまま・・ああぅ!いくっ!!」陰間茶屋はオマンコに入れてる人に抱きつき、入れてない人をフェラし、何度も何度もイキました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です