男道ミサイルゲイボーイのゲイのフェラチオ口内射精の動画

この夜のプラチナさんとのセックスの事前口奉仕は、ものすごくハードでした。そして、その口奉仕がハードであればあるほど、男道ミサイルゲイボーイはプラチナさんとのセックスで気持ち良くなれたんです。「楽しませてもらっていいんだろ?」男道ミサイルゲイボーイはこの部屋にいる人たちに体の隅々まで晒しました。男の人たちに囲まれて胸を掴まれ、乳首を摘ままれ、お尻を鷲掴みにされ、声を漏らすと「いい声で鳴いてるぜ」と言われました。「これから何してくれんの?オネーサン?」髪を鷲掴みにされて顎を上げさせられました。「ん・・お口で・・奉仕します・・」男道ミサイルゲイボーイの膝はガクガクしてきました。恐怖ではなく、興奮そのものでした。「口で?奉仕?もっと具体的に言ってくれよ」さらに髪を強く掴まれ、手で顎を抑えられました。「あ・・お口で・・オチンチン・・しゃぶります・・」「それから?」「・・たくさん・・しゃぶって・・精子出してください・・」「なんでそんなことすんの?」「・・Rさんにセックスしてもらうから・・」「フェラしないとセックスしてもらえねーの?」誰かがムギュッと乳房を力一杯握りました。「あんっ!・・はい・・お口で奉仕すれば・・セックスしてもらえるんです・・」男道ミサイルゲイボーイは自分の言っていることに酔いました。自分で言っていることで濡れました。「あはは、いいねー、オネーサン・・じゃあ口で奉仕してもらおうかな、オネーサンのセックスのためにチンコをしゃぶらせてやるよ」頭を抑えられて男道ミサイルゲイボーイは床に跪かされました。「あん・・はい・・しゃぶらせてください・・ん・・」「Rさん、じゃあ楽しませてもらうよ」「あぁ、好きなだけしゃぶらせてやってよ。その方が嬉しいだろ?男道ミサイルゲイボーイ?」「・・はい・・」男道ミサイルゲイボーイはそのまま全裸で四つん這いにされて髪を引っ張られて部屋を引きずり回されて、その四つん這いのままソファーに座った人をイラマさせられました。「んぐぅ・・んうぅ・・」喉に突き刺さるオチンチン、何度も餌付いてオェオェして涙と鼻水が止まらないのに後頭部を押さえつけられて口だけでのイラマに、男道ミサイルゲイボーイはオマンコからダラダラと汁を垂らしました。「いいね、このオネーサン、ここまで突っ込まれてるのに口の中ではちゃんと舌を動かしてるよ」「ほら、もっと奥まで飲み込めよ」「脚、開いて・・マンコ晒せ」「目、瞑るなよ、ちゃんと開けてろ・・ほら、俺を見ながらチンコ奥まで入れるんだよ」「んぅ・・うぐ・・んぐぅ・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です