男道ミサイルゲイボーイのゲイのフェラチオ口内射精の動画その3

「ああん・ん・・大きくて入らないよ・・」「すごい、ドクドクしてる」「このオチンチン、すごく熱いね」「もっと・・奥まで入れていいよ・・」「はあぁん・・我慢汁の味がする・・」「いいじゃん、ノッテきたね、オネーサン(笑)」「お願いしながらしゃぶり続けろよ、いいな?」「ふああ・・ふぁい・・奥まで咥えますから・・んふぅ・・はぁ・・固いれす・・ああう・・」男道ミサイルゲイボーイはヨダレと我慢汁でヌルヌルのオチンチンに囲まれて、顔に我慢汁を塗りたくられて、勃起したオチンチンを頬で感じながら自分でも気持ち良くなっていたんです。この陵辱されている状況、フェラだけのオナホールみたいに扱われている男道ミサイルゲイボーイ自身にゾクゾクしながら、男道ミサイルゲイボーイはこの口奉仕で感じました。男道ミサイルゲイボーイは自分の変態でマゾな性癖を認めてから、体が物凄く感じやすくなっていたんです。合皮のソファーに溜まった男道ミサイルゲイボーイの汁を身体中や顔に塗りたくられたり、自分で啜らされたりしても、男道ミサイルゲイボーイは興奮していました。「自分の漏らした汁、美味いか?あ?」「もっと顔を擦り付けながらしゃぶれよ」「こっちの手、使ってねーじゃん」「口、開けって、おい!」「はぁ、はぁ・・オチンチン・ほひい・・んあ・・ああ・こっち・・んぅ・・はぁん・・こっちも・・しゃぶらせてらさい・・んぅぅ・・」男道ミサイルゲイボーイはそんな状態でもフェラをやめたくありませんでした。男道ミサイルゲイボーイの顎も痛くなっていたし、体についたハードなプレイの痕が気になりましたが、男道ミサイルゲイボーイのオチンチンを求める欲には敵いませんでした。「じゃあ、出すからな、いいか!」「はぁ、はぁ・・はい・・精子、口に出してください・・精子、飲ませてください・・」「もっと欲しがるんだよ!」「ああっ!!精子、飲みたい・・口に出してくらさいぅぅ!!あはう!!」「口開いて舌だせ!」「はっはっ・・はうあうぅ・・」男道ミサイルゲイボーイの舌の上に射精された熱い精液・・口の中でその苦味を味わいながらの掃除フェラ・・「次、出すぞ!口開けっ!」「こっちも出るぞ!ザーメンまみれの顔、見せてみろ!目を瞑るなよ!!」「あうぅぅ!!唇から溢れてくるのが分かる精液をそのままにして次のオチンチンを射精させるドキドキ感、そして違う味の精液が口の中に広がる瞬間のオチンチンのドクンドクンする感じ。『男道ミサイルゲイボーイの口がオナホールにされてる・・』そう思うと男道ミサイルゲイボーイはいくらでもイラマ出来そうなくらい気持ち良くなれていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です