陰間茶屋のゲイのフェラチオごっくん無修正動画

陰間茶屋は自分が気持ち良くなるために全裸になったし、オナニーを披露したし、生ハメもゴックンもしたんです。偽りのない自分を曝けだせていて、陰間茶屋はとても気分良くエッチになれていました。上手く言えませんが、◯◯くんと毎日のようにセックスしている時の居心地の良さというか、相性の良さを感じながらセックスを楽しんでいる気持ちに似ていました。「このまま、出してもいいですか・・ゲイで受けてもらうの・・好きなんですよ・・ダメですか?」陰間茶屋がフェラチオしているその人は遠慮がちに言いました。「ううん、いいですよ・・はぁ、このまま陰間茶屋のゲイに出してください・・陰間茶屋もゴックンするの好きだから・・」「良かった・・ウチの妻は飲んでくれない・・『飲んで』なんて言ったら変態扱いされて危うく離婚ですよ(笑)・・貴女はゴックン好きなんですね?」陰間茶屋は根元付近を少し強めに握って、亀頭に軽くキスをするようにしてから答えました。「うん・・ゴックン好きです・・精子、出してくれるとき、このオチンチンがいっぱい膨らむ気がするんです・・なんか、根元がグンッて太くなる感じで、出る瞬間すごく硬くなるのがわかってドキドキするんです・・陰間茶屋のゲイで気持ち良くなってくれたオチンチンが我慢できなくなって、精子を出してくれるのって嬉しいし・・」そう言うと、もう一度ゆっくりとカリまで一気に咥えました。ゲイの中が再び熱く感じました。「うん、そうなんですね」その人は陰間茶屋の髪を撫でてくれていました。陰間茶屋は自分でフェラチオやゲイ内射精の感想を話すのがエッチなことだと感じていました。「・・あの精子の感じ・・精子が喉に絡む感じとか、すごくヤラシイ感じで好きなんです・・味はみんな違うし・・でも、何回も連続でゴックンするとよく分からなくなります・・最初の人の精子の印象が強いっていうか・・ゲイの中に精子がどんどん溜まってくるのはエッチだと思います・・トロトロで生温かくて・・ゴックンするときはちょっと変な感じですけど、サラサラしてる人もいるから・・ああん、話してたら欲しくなってきました・・ん、ここから出して・・はぁん、硬いですよココ・・すごい、ああん、このまま出してくださいね・・」陰間茶屋はちょっと強目に握り、今度は竿の中程まで咥えてから扱く手を早く動かしました。「僕も見てていいですか・・あなたがザーメンをゲイで受けるところ」オナニーしていた人が陰間茶屋の顔の前で我慢汁でヌルヌルのオチンチンを扱きながら言いました。「・・はぁ、はぁ・・うん、いいですよ・・あん、先端から溢れてる汁がエッチです・・」