男銃でマッチョ筋肉系ゲイが3P乱交セックス無修正動画

男銃の性生活は乱れまくっていました。彼氏である◯◯くんとは限られた時間でのアナルセックス、それ以外の時間、男銃の体の穴を埋めているのは他人の生オチンチンと精液でした。病気のリスクも頭にありましたが、そんなことよりも男銃の体が男の人を求めていたんです。誰かに言われてエッチなことをすると男銃が男銃でなくなって、男銃は自分でなくなればなくなるほどセックスが、生でのセックスが気持ち良くなれたんです。生理の時以外は、ほぼ毎日誰かをフェラし、誰かとセックスしているような感じでした。体の疲れも抜けず、オマンコは時々ヒリヒリして出血していたんです。でも、それでも、男銃はセックスをやめられませんでした。男銃は一人で家にいてもオマンコが疼く時がありました。朝、◯◯くんが出かけるのを見送ってから、男銃は電車に乗ります。そうです、以前やっていた電車内での露出みたいなことを一人で試すんです。通勤時間を過ぎるとサラリーマンよりは学生さんや少し年配のオジさんとかが電車には多くいました。男銃は電車の出入り口のところに立ちます。この時、男銃は下着をつけてません。男銃が立つとそのお尻のところには椅子に座っているオジさんの顔があるんです。男銃はわざとオジさんの顔にお尻を近づけるように立つんです。すごくドキドキします。直接、触られることなんかないんですけど、自分が濡れてるのがバレてる気がして興奮するんです。男銃は内股を伝う汁を感じながら電車を降りて、そのまま駅のバリアフリーのトイレに入ります。そして家から持ってきたバイブを使ってオナニーするんです。音がトイレの外にまで漏れてそうでドキドキが収まらないんです。時間のある午後は街中にあるアダルトショップに行きます。そしてバイブやローターを手にとって見るんです。店員さんの目、お客さんの目に男銃は犯されます。見られてると思うだけで犯されてる気分なんです。そして、男銃の体が我慢できなくなるとRさんから連絡が入るんです。そして、男銃はRさんに連れられて初めて会う人にも口奉仕をして、Rさんや他の人たちとセックスを楽しむんです。男銃は自分でも思います『ものすごい淫乱・・変態・・セックス中毒・・中出し好き・・』いつの間にか男銃はこんな女になっていました。そして、そのことは◯◯くんには言えないままでした。一人の時間にエッチなことをすればするほど、Rさんと会う時間が増えれば増えるほど、男銃の中で◯◯くんの存在が薄れていきました。すると思うんです『はやくRさんに会いたい・・Rさんが連れてくる人たちを男銃のフェラとゴックンで喜ばせて、みんなと中出しセックスしたい・・』って。そして思うんです『男銃も変わった・・』って。
プラチナさん達との中出しセックスは週1くらいで続きました。プラチナさん以外の男の人も段々と顔見知りになってきた頃のことでした。その日、◯◯くんは会社の飲み会で帰りが遅くなると聞いていました。男銃はいつも通りに午後から呼び出されてその日はプラチナさんを含めて3人とセックスしました。

陰間茶屋でゲイのセックス無修正動画その2

揉まれて気持ち良くなってんじゃねーよ(笑)」プラチナさんがアタシをからかうように言いました。「もう、そんなこと言わないでくださいよぉ・・ちょ、ちょっと、マスターも長いー(笑)!もういいじゃないですかー!(笑)」「あれ?まだだよー!お?これ、乳首?コリコリしてる(笑)」マスターがアタシの乳首を探して指先でつまみました。「あんっ!だめっ!そこ!」アタシは思わず反応していました。「あはは、陰間茶屋、何感じてんだよ(笑)」「だってー・・ちょっとー!!」居酒屋での公開セクハラでした。完全に酔っ払いのセクハラでした。「オネーチャン、どうもな(笑)。ほら、これ約束の奢りな(笑)」胸を散々揉みまくったマスターは、アタシにチューハイのお代わりをおごってくれました。「あはは、良かったな陰間茶屋(笑)」「うー、良かったんですか・・もう・・でも、いただきまーす!(笑)」アタシは服の乱れを直しながら、受け取ったグラスを空けました。「はぁー、ごちそうさまでーす」「いいねぇ、陰間茶屋、やっぱり(笑)」プラチナさんじゃない人がアタシの肩を抱きながら言いました。「だろ?ノリがいいんだよなぁ、陰間茶屋。

場の空気を読むって感じ?」プラチナさんもアタシの髪を撫でていました。「そんなこと言って!もう!」アタシはドキドキが止まりませんでした。酔っ払って胸を揉ませてお酒をおごってもらうなんて、ただの軽い女でしかないと思います。でも、アタシはこんなことをしている自分がイヤではありませんでした。自分の意思ではないことをやらざるを得なくなる・・みたいなシチュエーションはたとえ胸を揉ませるだけでも興奮したんです。「なぁ、オネーチャン・・」カウンターに座ってるオジさんが話しかけてきました。「オネーチャン、俺にもおっぱい揉ませてよ。おごるからさ」このオジさんも酔っ払っていました。「えー!何でですかー(笑)おじさん、酔っ払ってますよー!(笑)」アタシが笑って過ごそうとすると、プラチナさんがまたアタシを後ろから羽交い締めにしました。そして、アタシの耳元にキスをしてきました。「いいじゃん、陰間茶屋、揉ませてやれよ」「ちょ・・何言ってんですか・・もう・・ん」アタシが言い終わる前にプラチナさんじゃない人がアタシの口にキスをしてきました。そして唇を開かせてお酒を口移ししてきたんです。もちろん、みんなが見ていました。「おぉ!」と歓声にも似た声が聞こえました。「・・んはぁ・・ちょっと・・飲ませないでくださいよ・・みんな見てるし・・」「な?オネーチャン、俺にも揉ませてよ、ね?ね?」オジさんが近づいてきました。「いいじゃん、陰間茶屋、揉ませるくらいさ」プラチナさんがアタシの腕を後ろでグッと抑えて胸を突き出させました。「・・もう・・ちょっとだけですからね」アタシは酔っ払ったふりをしていました。「やったね(笑)じゃあ、お言葉に甘えて(笑)」オジさんが座敷に入ってきて、アタシの前に座り、そして胸を揉み始めました。「ん・・」マスターみたいに両手で包み込むように胸をゆっくりと揉まれました。「もう、みんなエッチなんだから・・あんっ!」アタシはそう言いながらもこの状況に変な期待を持っていました。この時のアタシの頭の中には◯◯くんのことはこれっぽっちもありませんでした。

 

 

陰間茶屋でゲイのセックス無修正動画

プラチナさんの知り合いがやってる居酒屋さんの中で、プラチナさんはアタシのことをペラペラと話していました。「俺たち、さっきこの女とやってきたしぃ(笑)」「いやー、AV見てるみたいだよ、なかなか3Pとか4Pさせてくれる女っていないじゃん?でも、この陰間茶屋は平気!みんなでシェアできるから、この陰間茶屋は(笑)」「あー、もー!ちょっと、そういうのナシじゃないですかー!もう!」みんなの前でそんなことを言われてるアタシ・・ちょっとずつエッチな気分になっていました。だって、店内にいるその話に聞き耳を立ててるお客さんたちのアタシを見る目がニタニタしたものになってることに気づいたんです。「あはは、いいね、その話。俺にはサービスないの?俺には?」マスターもお酒を飲んでいるようでした。「なに?マスター、サービスしてほしいの?じゃあさ、飲み物サービスしてくれよ。ギブアンドテイクだよ、ギブアンドテイク!」「あぁ、いいよ。なんでもおごってやるよ!」「やったぜ、陰間茶屋!サービスだ!サービス!」「勝手なこと言わないでくださいよ!もう!」「いいじゃん、陰間茶屋(笑)」「おい、マスター、じゃんけんしなよ!マスターがじゃんけん勝ったら陰間茶屋の乳を揉ませてやるよ。陰間茶屋が勝ったら飲み物タダね!」「おーし!受けてやるよ!」「ちょっと!勝手に決めないでくださいよ!」「うるさいよ、陰間茶屋!お前はおとなしくじゃんけんしろって!お前が勝てばいいだけだからさ!いいんじゃん、やれよ!」「えー・・無理ですよぉ・・ちょ、ちょっと・・え!」プラチナさんがアタシを後ろから羽交い締めしました。「ほら、マスター、チャンスチャンス!今なら揉ませてやる!」「え?ちょっと、ダメですって!じゃんけんしてないしー!」アタシは抵抗しました。でも、心のどっかでドキドキしていました。マスターはニタニタしながら「じゃあ、ドリンクと交換だなー(笑)」と揉み手でニギニギしていました。そのマスターの向こうではカウンターのオジさん二人がこっちを見ていました。テーブルのサラリーマン二人もアタシを見つめていたんです。『うわー・・みんな見てる・・酔っ払いばっかだよぉ・・完全にオジさんノリだよぉ』アタシはもうなるようになればいいと思っていました。胸を揉まれるくらいなんてことないとも思っていました。「じゃあ、いただきまーす!・・おぉ!小ぶりだけどいい感じだな(笑)」「もう・・」マスターがアタシの胸を正面から揉み始めました。両手で服の上から左右の乳房を握るように揉んだり、下から持ち上げるように揉んでいました。下着を着けていたのですが、グッと握られるように揉まれると店内のお客さんの目線もあって、アタシはドキドキしっぱなしでした。それでも、アタシは一切の抵抗をしませんでした。ただ、胸を揉ませていました。この時、アタシはマスターが胸を揉んでいることよりも、マスターの向こうにいるお客さん達がアタシを見ながらニタニタしていることに興奮しました。『うわ・・みられてるよぉ・・』お客さんたちはニタニタしながらお酒の入ったグラスを飲んだり、タバコを吸ってアタシをジーッと見ていました。「陰間茶屋、お前ついさっき中出し3連発されたのに、まだエロパワーが全開か?